応援グッズで着る「オリジナルTシャツ」のデザイン

スポーツには応援がつきもの。応援団やチアリーダーは衣装があってもファンは自由。レプリカのユニフォームを着るのもいいですが、ちょっと個性をだしてオリジナルTシャツで応援してみてはいかがでしょうか。
応援も意外と体力を使います。ジャンプしたり歌ったりが長時間続きますし、時には選手のお手伝いをすることもあります。
そんな応援シーンでずっと選手に気持ちを届けるには、着心地が良くて過ごしやすい綿のTシャツがおすすめです。
レプリカユニフォームが多い中で、1枚だけのオリジナルは目立つこと間違いなしです。

応援グッズのオリジナルTシャツ デザイン例と加工例

前面のプリントデザイン

長い時間着て過ごすなら肌触りの良い綿Tシャツがおすすめ。
シルクプリントなら同じデザインの子どもサイズの版代が無料になる「キッズ版無料サービス」がありますので、お子さまと保護者さまで同じオリジナルTシャツをお得に作れます。
商品は別々でも大丈夫ですので、選手と応援団でおそろいのTシャツをつくりましょう。

使用したTシャツ Printstar ヘビーウェイトTシャツ[00085-CVT]
プリント方法 シルクプリント

背面のプリントデザイン

前面と背面でデザインの雰囲気を合わせるのは、おしゃれなオリジナルTシャツを作る上で重要です。
「こんな雰囲気で統一して、こんなイラストを入れたい」などデザイナーにお気軽にお伝え下さい。スウェット.jpはプロのデザイナーによる無料デザインサポートを行っております。お客さまのご要望に沿ったデザインをお作りいたします。

プリント方法 シルクプリント

上記の条件で大学生が「オリジナルTシャツを20枚作った場合」のお見積り例

応援グッズの関連商品

応援キャップ

屋外での応援にはキャップが必需品。屋根のない場所も多いので、長時間の観戦で熱中症対策は必要です。
風通しのいいメッシュキャップやサンバイザーも取り揃えていますので、応援チームで揃えてキャップもつくってみてはいかがでしょう。

写真の商品 Printstar イベントメッシュキャップ[00700-EVM]
プリント方法 シルクプリント

応援タオル

タオルもオリジナルでつくれます。シルクプリントでシンプルに決めるもよし、全面昇華フルカラープリントで派手に決めるもよし。
お気軽に作れる応援グッズとしてオリジナルタオルは人気です。

写真の商品 Printstar カラーフェイスタオル[00537-FTC]
プリント方法 シルクプリント

応援グッズで着る「オリジナルTシャツ」 まとめ

応援グッズでオリジナルTシャツを作る場合、長時間の観戦を快適に過ごすのが重要になります。動くわけじゃないと適当にTシャツを選ぶと、つらいことになるかも。。特にお子さんを応援される保護者の方たちは、席取りからお昼の手配など色々と仕事もあって大変です。汗をすごくかかないのであればドライTシャツよりも綿Tシャツがおすすめです。Tシャツとおそろいで応援グッズを揃えると、より応援力がアップ!

オリジナルTシャツを作ったお客さまの声【応援グッズ編】

子どもたちとおそろい。みんなで一緒に試合に臨んでいます。

デザインが一緒なら、商品を変えても版代がかからないということでしたので、選手の子どもたちは練習のできるドライTシャツ、保護者たちは綿のTシャツでオリジナルTシャツをつくりました。けっこう派手な色を選んだので最初はちょっとだけ恥ずかしかったですが、会場で子どもたちと保護者みんなでチーム感が出て、試合の盛り上がりも変わってきました。小さいサイズでも、「キッズ版無料サービス」というのを利用して、無料にしてもらえました。今後もタオルなどつくりたいなと考えています。

スポーツシーンでの「オリジナルTシャツ」作成のポイント

スポーツシーンで「オリジナルTシャツ」を作る時に気をつけたいポイントしては、「素材」と「プリント方法」の2点になります。
Tシャツは大きく分けて、綿・ポリエステルの2種類がありますがここ数年売上が急増しているのがポリエステル100%の「ドライTシャツ」。年々改良が進み、熱を外に逃がす高機能性はもちろん肌触りもサラリとしていて好評です。
プリント方法は枚数が増えれば増えるほどコストを抑えられるシルクプリントが最適です。
スウェット.jpでは通気性のキープできる「水性シルクプリント」を採用していますのでドライTシャツでも違和感なくオリジナルTシャツが作れます。

スポーツシーンでの「Tシャツ素材」

スポーツシーンでの人気No.1はglimmer(グリマー) ドライTシャツ[00300-ACT]です。ドライメッシュTシャツと言えば「速乾性」ですが、この300−ACTの速乾性は綿素材の約2倍!そのため、ベタつかずサラサラの着心地が長く続きます。
ドライTシャツにしては少し厚めでしっかりしたポリエステルメッシュ素材で肌触りが良く、定番の形でどんなスポーツにもピッタリのオリジナルTシャツが作れる汎用性の高さが人気です。
また、サイズ展開も120〜5Lでカラーが33色と幅ひろく子供から大人までカバーできるのでチームと親子まで同じ商品でオリジナルTシャツが作れる所が喜ばれています。
価格の安さからも、スポーツシーンでオリジナルTシャツを作るときには必ず選択肢の一つになる人気商品ですので初めての場合はこの商品から始めてみるのも良いかもしれません。

スポーツシーンでの「プリント方法」

スポーツシーンでのプリント方法は前面はシルクプリントで、背面は背番号や個人名をシートプリントで仕上げる場合が多くあります。
シートプリントは版代が必要なく1枚あたりに決まった金額がかかりますが、シルクプリントの場合は版代を人数で割るので枚数が多いほど、1枚あたりのコストは抑えられます。
枚数が少数の場合は、全てシートにするなど工夫することでオリジナルTシャツを安く作ることができます。フルカラーインクジェットプリントの場合は多色で1枚あたり2500円(税別)で作成できますのでフルカラーでオリジナルTシャツを作る場合はおすすめです。
スウェット.jpでは注文後に最適なプリント方法をスタッフからアドバイスさせていただきますので安心してご注文いただけます。

1枚づつ違う背番号・名入れは最新のプレス機でシートを圧着します。

応援グッズで人気のTシャツ

人気ランキング

SWEAT.jpでお客さまから評価されているイチ押し商品のランキング

Information

SWEAT.jpサービスのおすすめ情報

  

SWEAT.jp SHOPLIST

SWEAT.jp 全国のショップリスト

お問い合わせ

オリジナルプリントを作る際の不安な点などあれば、お気軽にご相談ください。
受付時間 / 月曜日〜土曜日 10:00 〜 19:00  日・祝 11:00 〜 19:00