フットサルで着る「オリジナルTシャツ」のデザイン

フットサルはサッカーに比べてコートが小さく、攻守の切り替えが早くて常に動き回るスポーツです。
そんなフットサルでオリジナルTシャツを作るなら、汗をかいてもベタつかない吸水速乾に優れたドライメッシュTシャツがおすすめ。
ドライメッシュTシャツは綿100%のTシャツに比べて乾くスピードが約2倍。走り回ってかいた汗を外に逃がして肌に張り付いて不快な思いをすることもありません。なによりも軽くて動きやすいのでオリジナルTシャツを作る際には「ドライメッシュTシャツ」がおすすめです。ポリエステルはちょっと、、という人もいますが、昔と違ってチクチクしたりしません。サンプルは無料でお届けいたしますので試着した上で失敗のないオリジナルTシャツ作りをしましょう!

フットサルのオリジナルTシャツ デザイン例と加工例

前面のプリントデザイン

激しく動き回るフットサルでは、速乾性に優れたドライTシャツがオススメ。
オリジナルTシャツは胸にチーム名をプリントすると全員の気持ちが一つになります。
ドライTシャツは汗がベタつかないだけでなく、体温を外に逃がす構造なので着心地がよくスポーツシーンで人気です。

使用したTシャツ glimmer ドライTシャツ[00300-ACT]
プリント方法 シルクプリント

背面のプリントデザイン

背面は一枚づつ違う名前・番号を入れたい場合は「シートプリント」がオススメ。
シートプリントは一枚づつビニールシートを熱と圧力で圧着させるプリント方法なの版が必要ありません。1枚づつ違うデザインが必要になる時はオススメのプリント方法です。

プリント方法 単色シートプリント

上記の条件で大学生が「オリジナルTシャツを20枚作った場合」のお見積り例

フットサルの関連商品

練習用のビブス

フットサルの練習では2チームに分かれてのミニゲームやパス回しなどのメニューがあるため、オリジナルTシャツの上に着るビブスも必要になってきます。写真のビブスはナイキのトレーニングビブスでプリント代も含めて1050円(税別)。カラーバリエーションはブルー・グリーン・ピンクの3色。色混在でも料金は変わりません。

写真の商品 ナイキトレーニングビブス
プリント方法 シートプリント

サッカーソックス

ソックスは通常はオリジナルプリントをしない方が多いですが、ご希望の方は刺繍などで対応できますのでお問い合わせください。写真の商品はNIKE/ナイキ VAPOR3 ソックス

写真の商品 NIKE/ナイキ VAPOR 3 ソックス
プリント方法 刺繍

フットサルで着る「オリジナルTシャツ」 まとめ

フットサルでオリジナルTシャツを作る場合、ポイントになるのは「番号入れ」「名入れ」になると思います。試合用ユニフォームと同じく、自分の愛着のある背番号が入ってるだけで、練習のテンションが上がるはず。1枚あたりの金額を抑えるには、前面はチーム全体で同じデザインでシルクプリントして、背面のプリントは1枚1枚内容が違うのでシートプリントで対応するといいと思います。シルクプリントとシートプリントの組み合わせがポイントです。

オリジナルTシャツを作ったお客さまの声【フットサル編】

デザインサポート(無料)とプリントのアドバイスが嬉しかった

「オリジナルTシャツを作ろう!」となった時に、まず気になるのがプリントするデザインでした。フットサルチームの中にデザイナーがいる訳でもないし、絵が上手い人もいない(フットサルは上手いんですが …)「デザインどうする?」という話になった時に決め手になったのがスウェット.jpのデザインサポートでした。
デザインのクオリティが高くて修正も何度でもできるし、見積りもわかりやすく説明してくれたので初めてのオリジナルTシャツ作りでも不安なく作れました。みんな背番号もプリントされているので、練習からテンション上がります。また次回は違う素材やパーカーで作ってみようと思います。

スポーツシーンでの「オリジナルTシャツ」作成のポイント

スポーツシーンで「オリジナルTシャツ」を作る時に気をつけたいポイントしては、「素材」と「プリント方法」の2点になります。
Tシャツは大きく分けて、綿・ポリエステルの2種類がありますがここ数年売上が急増しているのがポリエステル100%の「ドライTシャツ」。年々改良が進み、熱を外に逃がす高機能性はもちろん肌触りもサラリとしていて好評です。
プリント方法は枚数が増えれば増えるほどコストを抑えられるシルクプリントが最適です。
スウェット.jpでは通気性のキープできる「水性シルクプリント」を採用していますのでドライTシャツでも違和感なくオリジナルTシャツが作れます。

スポーツシーンでの「Tシャツ素材」

スポーツシーンでの人気No.1はglimmer(グリマー) ドライTシャツ[00300-ACT]です。ドライメッシュTシャツと言えば「速乾性」ですが、この300−ACTの速乾性は綿素材の約2倍!そのため、ベタつかずサラサラの着心地が長く続きます。
ドライTシャツにしては少し厚めでしっかりしたポリエステルメッシュ素材で肌触りが良く、定番の形でどんなスポーツにもピッタリのオリジナルTシャツが作れる汎用性の高さが人気です。
また、サイズ展開も120〜5Lでカラーが33色と幅ひろく子供から大人までカバーできるのでチームと親子まで同じ商品でオリジナルTシャツが作れる所が喜ばれています。
価格の安さからも、スポーツシーンでオリジナルTシャツを作るときには必ず選択肢の一つになる人気商品ですので初めての場合はこの商品から始めてみるのも良いかもしれません。

スポーツシーンでの「プリント方法」

スポーツシーンでのプリント方法は前面はシルクプリントで、背面は背番号や個人名をシートプリントで仕上げる場合が多くあります。
シートプリントは版代が必要なく1枚あたりに決まった金額がかかりますが、シルクプリントの場合は版代を人数で割るので枚数が多いほど、1枚あたりのコストは抑えられます。
枚数が少数の場合は、全てシートにするなど工夫することでオリジナルTシャツを安く作ることができます。フルカラーインクジェットプリントの場合は多色で1枚あたり2500円(税別)で作成できますのでフルカラーでオリジナルTシャツを作る場合はおすすめです。
スウェット.jpでは注文後に最適なプリント方法をスタッフからアドバイスさせていただきますので安心してご注文いただけます。

1枚づつ違う背番号・名入れは最新のプレス機でシートを圧着します。

フットサルで人気のTシャツ

人気ランキング

SWEAT.jpでお客さまから評価されているイチ押し商品のランキング

Information

SWEAT.jpサービスのおすすめ情報

  

SWEAT.jp SHOPLIST

SWEAT.jp 全国のショップリスト

お問い合わせ

オリジナルプリントを作る際の不安な点などあれば、お気軽にご相談ください。
受付時間 / 月曜日〜土曜日 10:00 〜 19:00  日・祝 11:00 〜 19:00