テニスで着る「オリジナルTシャツ」のデザイン

テニスは長い試合時間、広いコートを1人(もしくは2人)で走り回るので、かなりの体力が求められます。同時に瞬発力が求められ、ハードなスポーツです。
そんなハードな練習にはやはりドライTシャツがおすすめです。汗をかいてもベタつかないので、長時間の運動にぴったり。腕まわりの伸縮性もあって動きやすいTシャツです。 個人競技であまりユニフォームを揃えたりしないテニスで、おそろいのTシャツをつくってチーム力をアップしてみてはいかがでしょうか。

テニスのオリジナルTシャツ デザイン例と加工例

前面のプリントデザイン

瞬発力を支えるのは動きやすいドライTシャツ。
チーム名にテニスのデザインを加えて、かわいらしい印象のオリジナルTシャツになっています。
テニスラケットのガット部分など細かい部分はプリントが潰れやすいので注意が必要です!
無料デザインサポートにてアドバイスさせていただきます。

使用したTシャツ glimmer ドライTシャツ[00300-ACT]
プリント方法 シルクプリント

背面のプリントデザイン

サークル等でご注文の場合、オリジナルTシャツに自分たちの代が入ったデザインをプリントすることが多いです。
代やメンバーの名前などを入れると、より一層自分たちだけのオリジナル感が増しますね!

プリント方法 シルクプリント

上記の条件で大学生が「オリジナルTシャツを30枚作った場合」のお見積り例

テニスの関連商品

ドライハーフパンツ

テニスはコート内を激しく動き回りますので、パンツも動きやすいものを選ぶ必要があります。ドライハーフパンツなら伸縮性も速乾性も問題ありません!白や薄めのカラーだと汗で透けてきてしまうこともあるので、黒や濃いめのカラーを選ぶのがおすすめです。

写真の商品 ドライハーフパンツ
プリント方法 シルクプリント

バイザーキャップ

屋外で練習や試合をするときは、キャップやサンバイザーが必須です。刺繍でリッチに仕上げましょう。オリジナルTシャツとおそろいのデザインにするのも◎

写真の商品 クラブバイザー
プリント方法 刺繍

テニスで着る「オリジナルTシャツ」 まとめ

テニスでオリジナルTシャツを作るときに、重要なのは体にしっかりフィットする動きやすいTシャツ選びだと思います。
長時間の運動でも、常に瞬発力が必要とされるテニスでは、ベタつきがなく不快感をなくしてくれるドライ素材のTシャツがおすすめですが、肩まわりなど多く動かす部分の可動域や動きやすさを考えると、その中でも体にしっかり合ったものを選びたいです。スウェット.jpではサンプルを無料で貸し出しておりますので、自分に合うサイズやTシャツの種類を選びましょう。

オリジナルTシャツを作ったお客さまの声【テニス編】

みんなでおそろいのTシャツとジャージ。部活の雰囲気が変わりました。

高校のテニス部なんですが、個人競技なこともあって、あまりおそろいでものを揃えるということがありませんでした。遠征用のジャージはあるんですが、あまりかっこよくないので着ている人もまばらでした。。
でもみんなで相談して、新しいジャージとTシャツを作ろうということになり、スウェット.jpに相談しました。それまでのジャージの気に入ってない所を伝えて、新しいジャージはすごくかっこよくなりました。Tシャツも同じデザインなら版代が無料と言われて、デザインを揃えてもらいました。
Tシャツもジャージもかっこいいのでみんな普段から着るようになって、チームという感じが増しました。練習も団結力があがって引き締まっています。作ってよかったです!

スポーツシーンでの「オリジナルTシャツ」作成のポイント

スポーツシーンで「オリジナルTシャツ」を作る時に気をつけたいポイントしては、「素材」と「プリント方法」の2点になります。
Tシャツは大きく分けて、綿・ポリエステルの2種類がありますがここ数年売上が急増しているのがポリエステル100%の「ドライTシャツ」。年々改良が進み、熱を外に逃がす高機能性はもちろん肌触りもサラリとしていて好評です。
プリント方法は枚数が増えれば増えるほどコストを抑えられるシルクプリントが最適です。
スウェット.jpでは通気性のキープできる「水性シルクプリント」を採用していますのでドライTシャツでも違和感なくオリジナルTシャツが作れます。

スポーツシーンでの「Tシャツ素材」

スポーツシーンでの人気No.1はglimmer(グリマー) ドライTシャツ[00300-ACT]です。ドライメッシュTシャツと言えば「速乾性」ですが、この300−ACTの速乾性は綿素材の約2倍!そのため、ベタつかずサラサラの着心地が長く続きます。
ドライTシャツにしては少し厚めでしっかりしたポリエステルメッシュ素材で肌触りが良く、定番の形でどんなスポーツにもピッタリのオリジナルTシャツが作れる汎用性の高さが人気です。
また、サイズ展開も120〜5Lでカラーが33色と幅ひろく子供から大人までカバーできるのでチームと親子まで同じ商品でオリジナルTシャツが作れる所が喜ばれています。
価格の安さからも、スポーツシーンでオリジナルTシャツを作るときには必ず選択肢の一つになる人気商品ですので初めての場合はこの商品から始めてみるのも良いかもしれません。

スポーツシーンでの「プリント方法」

スポーツシーンでのプリント方法は前面はシルクプリントで、背面は背番号や個人名をシートプリントで仕上げる場合が多くあります。
シートプリントは版代が必要なく1枚あたりに決まった金額がかかりますが、シルクプリントの場合は版代を人数で割るので枚数が多いほど、1枚あたりのコストは抑えられます。
枚数が少数の場合は、全てシートにするなど工夫することでオリジナルTシャツを安く作ることができます。フルカラーインクジェットプリントの場合は多色で1枚あたり2500円(税別)で作成できますのでフルカラーでオリジナルTシャツを作る場合はおすすめです。
スウェット.jpでは注文後に最適なプリント方法をスタッフからアドバイスさせていただきますので安心してご注文いただけます。

1枚づつ違う背番号・名入れは最新のプレス機でシートを圧着します。

テニスで人気のTシャツ

人気ランキング

SWEAT.jpでお客さまから評価されているイチ押し商品のランキング

Information

SWEAT.jpサービスのおすすめ情報

  

SWEAT.jp SHOPLIST

SWEAT.jp 全国のショップリスト

お問い合わせ

オリジナルプリントを作る際の不安な点などあれば、お気軽にご相談ください。
受付時間 / 月曜日〜土曜日 10:00 〜 19:00  日・祝 11:00 〜 19:00