MAKE. ORIGINAL FASHION
NEWS | SWEAT.jpサイトのリニューアル!

PRINT

プリント工場

MADE IN JAPAN Quality

SWEAT.jpでは、年間約50万枚のプリント加工を、すべて自社工場の職人たちが、ひとつひとつ丁寧にプリントしております。
運営本部とデザイナーと工場が直接繋がって作業をしていますので、デザイン作成から商品発送までを無駄なくスピーディーに行うことができます。
また、仕上がった商品は、傷や汚れがないか、専門スタッフが細かくチェックいたします。
お届けした商品が万が一間違いがあった場合は、すぐにスタッフが対応させていただきますので到着後7日以内にご連絡ください。

自社工場だからこそ実現できる、品質へのこだわり

品質へのこだわり

SWEAT.jpでは、お客さまの世界で一枚のオリジナルを大切に考え、より最善の加工方法を選択・ご提案いたします。
岐阜にある自社工場では、すべて手刷りでシルクプリント加工がプリントされています。近年、プリント工場もオートメーション化が進む中で何故「手刷り」なのかと言うと、手刷りの方が機械刷りよりもキレイに仕上がるからです。インクを載せるだけで、自動で機械が刷ってくれる「機械刷り」は刷るスピードが早いことが特徴ですが、 Tシャツの状態を目で見て力加減を変えたりすることはできません。

手刷りのシルクプリント加工だからこそできること

シルクプリント職人の長年の経験から、プリントするデザインによって「版(はん)」の目の細かさを選び、プリントの機材であるスキージの硬さを選んでプリントします。 機械にはできない人の手による仕事で品質にこだわりたいと考えています。

MADE IN JAPAN Quality

「メイド・イン・ジャパン・クオリティ」が工場の合言葉。
シルクプリントは道具の選択や乾燥温度で品質が変わり、刺繍加工は糸の種類やデータの作成方法などで仕上がりが変わります。同じデータで作っても腕の差が出るのがオリジナルプリントの醍醐味でもあります。
お客さまに満足いただける最高の品質を目指して日々改善を繰り返していきます。

品質へのこだわり

SWEAT.jpの自社プリント工場は、岐阜県柳津市にあります。物流でアドバンテージのある岐阜県に工場を置くことで、配送時間を短くスピーディーにお客さまに商品をお届けすることができます。

名 称 :スウェット.jpオリジナルプリント工場
所在地 :〒501-6104 岐阜県岐阜市柳津町 本郷3丁目23番地
電 話 : 058-322-7478(総合フリーダイヤル:0120-033-288)
アクセス: 名古屋鉄道 柳津駅から徒歩10分
営業時間: 11:00~19:00(平日)/11:00~19:00(土曜日)
定休日 :日曜・祝日

デザインミーティング

オリジナルプリント工場ではデザインの打ち合わせ(デザインミーティング) ができるスペースを確保しています。
実際のインクやプリント品質を確認しながら、オリジナルプリントのデザインを作成することができますので、お近くの方はご予約の上お越しください。ご予約のない場合、対応できない場合もござますので予めご了承ください。

品質へのこだわり

法人さまからのご要望で「サンプル出し」も行っております。サンプルで完成品のイメージを固めてからプリントを開始することで、安心感があり間違いを未然に防ぐことができます。
工場と弊社営業担当が連携してスピーディに対応することで、大事な展示会などのセールスプロモーションをサポートいたします。
大量発注やグッズ制作など自社工場ならではの対応をいたしますので、お気軽にご相談ください。
以下にて、法人のお客さまによくご注文をいただく商品をピックアップいたしましたので、よろしければ参考にされてください。

イベントジャンパー

秋冬にはナイロンのイベントジャンパーが人気。
シルクプリントもできますので屋内外の展示会シーンには欠かせないアイテムです。

オリジナルポロシャツ

秋ポロシャツは長袖・半袖があり、オールシーズン活躍する販促アイテムです。
ポケットの有り無しなどボールペンを入れたりと機能性にも優れています。

イベントTシャツ

やっぱりイベントにはオリジナルTシャツ。屋内イベントなど季節を選ばず人気です。プリント仕上がりもよく、ビジネスシーンに活気を与えます。

ハッピ

お祭りのように盛り上げるハッピも展示会では目を引きます。背中に大きくプリントして胸には会社のロゴなどが人気のオーダーです。

オリジナルトートバッグ

展示会で資料をお渡しして、お持ち帰りいただく際に、オリジナルトートバッグがあったら便利では?もちろんプリントもできますのでインパクト大です。

イベントキャップ

展日差しの強い屋外のイベントなどはキャップがあると便利です。前面部分に刺繍ができてオリジナルキャップが作れます。ジャンパーとのセットが人気です。